周辺の見どころ 東鳴子温泉 旅館 勘七湯

周辺の見どころ〜勘七湯周辺のご案内

鳴子峡遊歩道(鳴子温泉から中山平温泉)

鳴子峡遊歩道 鳴子温泉郷は温泉だけでなく景勝地としても有名。
自然が織り成す大パノラマ「鳴子峡」や地球が生きている証の「間欠泉」などみどころいっぱい!
パラグライダーやスキー、オートキャンプなどアウトドアも盛んです。
紅葉の時期には、大谷川川沿いに約2.5kmを1時間で歩く散策道からの眺めが、まさに絶景です。

日本こけし館(鳴子峡鳴子入口付近)

日本こけし館 日本こけし館には、5000を超えるこけしの数々が収めら、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

地獄谷遊歩道(鬼首温泉)

地獄谷遊歩道 散策用の木道の両側は、耐えず吹き出る温泉と蒸気で一杯となる。
遊歩道のある谷間は地獄の有様さながら。
約30分くらいのコース。

たかともワンダーファーム

たかともワンダーファーム たかともワンダーファームは、緑の森に囲まれた大型のレジャーパークです。
温水プールや露天風呂、子供用の遊具施設などが揃っています。
ご家族連れには楽しいスポット。

潟沼(かたぬま)

潟沼(かたぬま) 潟沼は、噴火によって出来たカルデラ湖です。
湖面は不思議なエメラルド色の水をたたえ、湖の底から噴き出すガスと蒸気で酸性度の非常に高い湖となっています。
秋になると、周囲を巡る紅葉の山々とエメラルドグリーンの湖面が神秘的な風景を醸し出します。

鳴子こけし・木地玩具

首をまわすとチキチキと音を立てるこけし。旅の記念にもなる「こけしの絵付け体験」にはミニこけしにマジックで簡単にできるものから本格的な絵付け体験まで幅広い。「ろくろ体験」なども行なわれている。こけし作りの技術を活かした木地玩具は素朴で手にしっとりとなじみ、お土産としても人気が高い。

ブルーベリー摘み取り農園

生のブルーベリーの実を一粒ほおばれば、口の中に甘酸っぱいさわやかな果汁が広がります。摘み取ったブルーベリーはそのまま食べてもよし、加熱してフルーツソースやジャムにしてもよし。お土産用に販売もしております。
※開園時期は7月上旬〜8月中旬ですが、気候により異なってきますので事前にお問合せください。

栗だんご

鳴子名産の栗だんごは、良質の”もち米”と醤油、砂糖等で作られています。餅の中に栗が入ってまろやかな味が更に深まる、お勧めの逸品です。できたてアツアツは柔らかくておいしい!味がしっかりついているので冷めてもおいしく召し上がれます。
大きな栗がまるごと入った温泉饅頭「なるまん」もオススメです。 【なるみ観光ストア】(製造元・販売店) TEL 0229-83-2362