宮城・鳴子温泉郷は5つの温泉地からなり、泉質の豊かさでは全国一を誇っております。その中央に位置する東鳴子温泉は江戸時代から伊達家岩出山城主の療養地として栄え、その後も湯質が良いことで多くの人々が湯治療養を目的にこの地を訪れるようになりました。

勘七湯も創業が天明4年(1784年)と歴史は古く私で七代目となりますが、家族6人と数人の従業員だけによる家庭的な宿として、古い伝統を守りながらも新しい湯治のスタイルを模索しつつ日々営業しております。

豪華な料理や大露天風呂よりも「本物の温泉」と「居心地の良い空間」を提供し続けることが湯治文化の継承だと私は思います。

七代目主人・高橋 聖也

各種プラン ご予約の変更ご予約の取り消し
【ご予約に関するお問い合わせ】
お電話:0229-83-3038
Eメール:
seiya99@cocoa.ocn.ne.jp
周辺の見どころ 主人のプロフィール